ドイツに行くのにタイ経由?①

皆さんはヨーロッパに行くのにどんなルートで行きますか?直行便?トランジット便? 色んなルートで行くことが出来ますよね。

今回ファンキーはアジア経由でドイツのミュンヘンに行ってきました。

アジア経由と言っても色んな航空キャリアがあるのでキャリアによっても経由する国が違ってきます。

今回の旅でファンキーはタイ国際航空を利用して行ったので、もちろんタイ経由のフライトとなりました。

まずはセントレアからバンコク スワンナプーム国際空港を目指します。

もともとキャンペーンでA380の予定だったのですが、機材繰りでA380に変更になりました。それでも嬉しいのが始めての機材ですよね。

機内はタイ航空らしいカラーリング。

タイ航空に乗ったならドリンクはビールしかもビアチャーンなのが嬉しい。

新しい機材なのにどこか懐かしさを感じるパネル面ですが中身は最新

尾翼のあたりにカメラがあるようでフライト中もカメラの映像が見られます。

この日の機内食はトンカツ タイ航空のタイ料理っぽい機内食好きなのに 今回は選べなかった。

トランジット時間が9時間程あるのでバンコク市内へ

やっぱいつもの世界一旨い唐揚げ屋台へ

やっぱり旨い!ファンキーランキング1位のガイトード

空港に帰る前にちょっと寄り道して大人の社会見学 時間もないので本当に見るだけ(笑)

スワンナプーム国際空港に戻ってきました。ここからミュンヘン空港までは10時間ほどのフライトです。

10時間あると二回機内食は出ますが早朝から観光する体力を作るのに出来るだけ寝たいのでラウンジで食事。

ラウンジでシャワーも浴びて寝る体勢バッチリでいざ出発。

体勢を整えた甲斐もあって朝食の時間近くまでグッスリ

流石ドイツ便 朝食はソーセージとチーズオムレツ これがまた旨い!

ぶっちゃけタイ航空はANAより飯が旨いと思う 飯で乗るならここかも

ドイツ ミュンヘン空港に着きました。

ちなみに今回の機材はB747古いけど快適なフライトでした。

続く

微笑みの国タイランドへ

サワディー カップ!

ポム ファンキー7 カップ!

って事で今回は微笑みの国へ行きます。

今回はセントレアから「タイ国際航空で」
バンコク「スワンナプーム空港」を目指します。

実はファンキータイ国際航空を利用するのは初めてで少々緊張しております。

出国審査をパスして制限エリアに

今回の機材と対面です

今回の機材はボーイング747-400
通称「ジャンボジェット」です

日本の航空会社は旅客としては全てが退役してるのでファンキーも初めての搭乗なんです

機内はいかにもタイ航空って感じのカラーリングですよね

いよいよ出発です。

今日はドリームリフターも止まってますね。

知らない人のためにこのドリームリフターはボーイング社にこの中部地方で作っている飛行機の部品(翼とか)を運ぶ飛行機なんです。

さぁテイクオフです。

しばらくしてドリンクサービスが来たので

 

おビールなんぞ頂きます!

着いた後も運転が無いって最高ですね。

ビールを飲みながら暇なので

備品をいじってみます。

オーディオのリモコン

コレは古くてもあまり変わらないなぁって思ってました。

が!しかし

ひっくり返してみると、、、

で、で、でんわ!?

画面をポチポチして説明をみるとコレで地上に電話出来る様です料金は横にクレジットカードをスリットする溝があります(笑)

まぁファンキーは使うことはありませんね(笑)

 

機内の楽しみと言えば!そう

機内食

タイ航空の機内食は結構味付けが好きです。ご飯があるのにパンも付いてくる不思議(笑)

しかもこのパン結構旨いです

この日はポークの料理とチャーハンか鳥の何かって言ってたけど忘れました。

で、これはポークの方

 

目的地まで2時間を切ったころ

こんな嬉しいサービスが

アイスクリーム!

何か無性に食べたくなる時ありますよね。

 

 

外を見てみると、やっぱB747の翼はデカイですね。

 

程なくして

スワンナプーム国際空港に着陸しました。

スワンナプーム国際空港の建屋ってオシャレですよね。

降りるといかにもタイって感じの社が迎えてくれます。

外から見た幌みたいな屋根がいい感じです。

デカイ空港です イミグレまでが遠いです

凄い列で無事入国審査を通過するまで1時間近くかかりました。

この時間は結構到着便が多いので着いたら急いでイミグレまで行くことをお勧めしますよ。

次回へつづく