沖縄 斎場御嶽に潜入

今回は沖縄本島に来ています。

今回訪れたのは「斎場御嶽」です。

斎場御嶽と言うのは

斎場御嶽(せーふぁーうたき/サイハノうたき)は現在の沖縄県南城市にある史跡。15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされる。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」ほどの意味となり、これは通称である。正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という。

とウィキペディアに書いてありました。

よくわからないですね。簡単に言うと御嶽と言うのは祀りを行う場所でその最高位がこの斎場御嶽と言う事ですかね。

と言う事で前振りが長くなりましたが斎場御嶽に行きます。

レンタカーで訪れたのでまずは車を停めます。駐車場は道の駅「がんじゅう駅・南城」に、入場チケットもここで買えます。

料金は

大人:300円
子供:150円です

チケットを買ったら歩いて斎場御嶽まで移動します。標識もあるし皆んな歩いて行くのですぐわかりますよ。

10分程歩くと斎場御嶽の入り口に着きますチケットを渡して建屋に入ると説明ビデオを見せられますが、、、、

 

全然内容が入って来ません、、、

 

五分ほどのビデオを見たら出発

斎場御嶽と書いた石碑が説明文もありますね。

とにかく中々敷地の広さの様です。

散策していると途中海の見えるポイント 綺麗です。

久高島遥拝所としてあります

この方向に久高島が見える様ですね。

最初に現れたのは大庫理(うふぐーい)と呼ばれる拝所 間や一番座という意味を持つらしい 首里城にも同じ名前の部屋があるのだそう。

大きな森ですね パワーがある気がします(気がするだけかも)

寄満(ユインチ)

寄満とは、王府用語で「台所」を意味しますが、貿易の盛んであった当時の琉球では、世界中から交易品の集まる「豊穣の満ち満ちた所」と解釈されているとのこと。

三庫理(サングーイ)

二本の鍾乳石と、三角形の空間の突き当たり部分は、それぞれが拝所となっていて、東側には海の彼方に久高島を望むことができます。

こう言う岩の感じ良いですよね

何か秘密基地みたいで男心をくすぐります。

でもとても神聖な場所なので秘密基地には出来ませんね。

ここからも久高島を見る事ができます。

森を下って行くと、、、

砲台跡があります。太平洋戦争時代のものとの事

砲台の横からも海を見る事が出来ます と言うか海が見えないと防衛になりませんね。

ぐるっと一周みて帰ってきました 出口はこんな感じで公園になっています。

駐車場へと帰ろうと歩いてると

パーラーがあったので冷たいものを買います

マンゴーソフト これがまた旨い

歩き回って熱くなった身体をクールダウンしてくれます。

斎場御嶽とパーラーのセット最高でした。

 

バンコクで人気のメチャ旨クイッティアオ

クイッティアオと言う料理を知っていますか?

クイッティアオと言うのはタイラーメンと言われるものなんですが

わかりやすい所でいくと、ベトナムのフォーって米の麺のやつありますよね? アレのタイ版って感じです。

その店があるのはBTSプロンポン駅から徒歩5分まずはプロンポン駅に向かいます。

プロンポン駅に着いたら

ふと飲みたくなってふらりとアイスコーヒーを購入

タイのBTSの駅や街中にはいたるところにこう言うコーヒー屋さんが結構あるんですが美味しいんです。

コーヒーを飲みながら歩いて着いたのがココ

スクンビット soi26にあるこの店

角の緑の屋根が出てる店です。

このいっぱい並んでる店

「ルンルアン」です。

この店は人気のクイッティアオ店なので時間が飯時だとこの状態です。

ファンキーはタイミング良く並ばずに入れました。

店内は満席 人気店って言うのか伺えますね

日本人が多い地域なので壁のメニューには日本語の表記も

メニューはこんな感じ基本的に味がナムサイと言われるポークスープのものかトムヤムスープの2種類の汁ありか汁なしかをチョイスする形です。

麺は基本は米粉の麺でセンヤイと言われる太麺 センレックと言う中麺とセンミーと言う細麺とバミーも言う小麦粉の中華麺 ウンセンと言われる春雨 あとぶつ切りのうどんみたいな麺の6種類から選びます

ファンキーはナムサイスープありのセンレックで注文しました。

店は満席で中々注文も出てこないので見ているとテイクアウトの注文が多い見たいで 次々とできた麺をビニール袋に詰めていきます。

もちろんスープもビニールにインです。

テイクアウトの人は紙に注文を書いて渡していました ファンキーはタイ語が書けないのでこの注文は無理ですね(笑)

客のいるテーブルでも調理する!

このスタンスが良いですね(笑)なんとも異国感があります。

待つこと20分くらいかな 出てきました。

ドーンと出てきました。具沢山です。 具は豚ミンチ肉と豚の茹でた切り身と魚?の団子と薬味です。

味の方はポークスープの出汁が効いて旨味のある優しい味のスープです。麺の方はフォーよりは春雨に近い食感ですがとてもスープが馴染んで美味しいです。

具の方も申し分ない味

テーブルには調味料が置いてあります ライム汁、唐辛子、ナッツ、唐辛子の入った酢、砂糖、ナンプラーです。 こんなに出汁が効いて美味しいのにタイの人は唐辛子と砂糖を入れたりします

ファンキー的にはナンプラー入れると最高に旨さが増します。沖縄ソバのコーレグースみたいな感じでクイッティアオの味を最高に高めてくれます。

、、、言い過ぎか?

とにかく美味しくなるって事なんです。

ご馳走様でした とても美味しかったです。 ただとても麺の量が少ないので女性でも大で良いと思います。

バンコク ブリティッシュカスタムテーラーでスーツのオーダーメイド

今回タイに来た目的の中で最もメインの目的はスーツのオーダー

タイは何でこんなにあるの?って言うくらいいたるところにテーラーがあります。

何故タイでスーツを作るのか?

それは安いから。

って事で早速テーラーへ

今回スーツをオーダーしたのはココ!

ブリティッシュ カスタム テーラー

入口にはようこそブリティッシュカスタムテーラーへと書いてあります。 日本人のタイ駐在員さんもココで良くオーダーしたりするそうですよ。

カウンターにスタッフさんがいたのでスーツをオーダーしたい事を伝えます。

この店入口にようこそなんて書いてありますが日本語通じませんので注意!(笑)

この人はスタッフのPKさん 名前聞いた時「ペナルティキック」ってふと思ってちょっとニヤニヤしてしまった失礼なファンキー

まずは何を作るのかを伝えて、たくさんの生地の中から気に入った生地を選びます。

生地を選んだら

体を採寸してもらい、シルエット、ボタンの数、カフスボタンの数や後ろのカット襟の形なんかを決めます。

ファンキーは普段スーツ着る仕事じゃないので実は何がいいのか良く分かりませんがとりあえず

「New fashion」と言って流行りでやってみたいな感じで 流行りに関係ない好みってところだけ選びました。

一通り決めたら 明日の夕方にまた来てくれって言われたので翌日の指定時間に訪れてました。

なんとスラックスは完成しており ジャケットは仮縫いで出来てるじゃないですか は、早い!

スラックスを履くとジャストサイズ! 凄えぴったり 流石オーダー

仮縫いのジャケットを羽織って袖の長さと前の合わせをしたら 翌日の夜にはできるって

まさかの2日で完成するとは

ハイ これが完成したスーツ

スリーピースで作りました。

靴がスニーカーなのは見ないのが大人の対応です(笑)

気になる値段ですがスリーピーススーツをワンセット、ワイシャツ一枚、呼びのスラックスを一本とネクタイが一本付いて

18000THB 日本円で60000円くらいですね。

帰国した後にスーツで仕事の兄に見せたところいいんじゃないかって言ってたので まずまずの出来栄えの様です。

何より体にピッタリ しかもワイシャツもピッタリと中々日本ではこの値段では出来ないでしょう。

今回のスーツに合いそうなネクタイも選んで貰いました。

タイにスーツを作りに来てボラレタとか色々聞きますが この店なら無難にスーツが作れると思いますよ。 色々親切に相談にも載って貰えるので 英語の不得意のファンキーにもスーツが作れました。

皆さんも一度タイでスーツを作ってはいかがでしょうか?

その際はしっかり口コミ等を調べてあらかじめ値段をしっかり確認してくださいね。